パワーストーンの効果・情報館 TOP → パワーストーンの浄化 火による浄化

火による浄化

キャンドルに火をつけて、パワーストーンを熱気にくぐらせる方法です。パワーストーンをあまり火に近づけすぎないように気をつけましょう。

その他にはホワイトセージの葉を燃やし、その煙で燻すという方法もあります。煙にくぐらせるというこの方法はどのパワーストーンにでも行うことが出来ます。

ホワイトセージはネイティブアメリカンが浄化に使ってきた神聖なハーブであることから人気があります。火をつけたらすぐに消すようにしてください。その際に立ち上る煙が太古から愛されている浄化力のある煙になります。この煙にパワーストーンをくぐらせることで浄化をすることが出来ます。

この行為はスマッジングと呼ばれるのですが、昔から大変に神聖な行為とされてきました。煙が苦手だという方はリーフの上にパワーストーンを寝かすようにしましょう。

見た目も美しいので、浄化の力も強いです。身に付けているパワーストーンのアクセサリーはホワイトセージの上に寝かしてあげるようにしてください。灰になったホワイトセージは感謝の気持ちと一緒に大地に戻すようにしましょう。ホワイトセージがない場合は天然のドライハーブなどを用いても行うことが出来ます。

火を使う際は火の取扱いと、換気に注意して行うようにしましょう。また、火に弱いパワーストーンにはキャンドルに火をつけて浄化を行う方法には向いていないので、注意が必要です。火に弱いパワーストーンは以下になります。

◆熱に弱い石
アンバー、オパール、パール



パワーストーンの浄化