パワーストーンの効果・情報館 TOP → パワーストーンの浄化 塩による浄化

塩による浄化

強い邪気やパワーストーンのパワーがかなり弱っていると感じたときは、塩による浄化を行うと良いと言われています。天然塩を皿などに山盛りにし、その上に石を乗せて一晩置いておき、石を清める方法になります。

流水によって浄化することのできるパワーストーンであれば、塩水に一晩つけておくと効果的です。水が合わないパワーストーンならば盛塩の上に直接置くか、木綿などの自然素材の布や紙を塩の上にかけてその上に置いておきます。

浄化が終わったと感じたら終了するようにしてください。浄化が終わった後は流水で綺麗に洗い流し、自然乾燥させます。この天然塩による浄化方法は強力ですが、流水で洗うことのできない水に弱い石には向いていません。

また、ターコイズ、マラカイト、カルサイトなど光沢の強い石の場合、光沢に変化を起こす場合があり、さらにアクセサリーに加工され金属を含むものは金属部分が化学変化を起こす可能性があるため十分な注意が必要です。浄化に使った塩は決して料理に使用したりせずに、土に返すようにしましょう。

最近は塩による浄化を簡単に行うことができる、浄化ポットというものも販売しています。また塩による浄化が苦手なパワーストーンもありますので、以下に紹介します。

【塩に弱い石】
オパール、アポフィライト、セレスタイト、カルサイト、アラゴナイト、マラカイト、ラピスラズリ、エンジェライト、アンバー(琥珀)、クリソコラ、セレナイト、ターコイズ(トルコ石)、パイライト、ヘマタイト



パワーストーンの浄化