パワーストーンの効果・情報館 TOP → 水晶の種類(形・インクルージョン) エレスチャル(骸晶)

エレスチャル(骸晶)

エレスチャル水晶はスケルタス水晶(骸骨水晶)と呼ばれる事もあります。形状はダブル・ターミネーションで、この内部に層があることが特徴になります。普通の水晶よりも長い時間をかけて地中で形成されるため、内部に色々な物質を取込み、空間や層・インクルージョンがあります。

エレスチャルの内部の模様は、池や水溜まりに張った氷に見える幾何学的に不思議な模様に似ています。それが立体的に内部に幾層にも重なっています。そして層と層の間は空間になっているものもあり、稀に水分が閉じこめられた水入りのエレスチャル水晶もあります。

一番外側の触れる事の出来る部分は、完全に平坦で様々な形状があります。内部にのみ模様状の層が見えるもの、一部外側にも模様が現れるものなど色々なものがありますが、どれも複雑な形状になっていることから、スケルタス(骸骨)と言われるようになったようです。

1つの結晶の中にたくさんの種類の鉱物質を含んでいるので、内にたくさんのメッセージを宿している水晶です。エレスチャルは他の水晶と比べても産出地が少ないとされています。

アメジストとエレスチャルという条件が揃った水晶は「天使の贈り物」と呼ばれるほど貴重なものとなっており、エレスチャルは特にヒーリング効果に優れていて、本来の自分を取り戻すサポートをしてくれると言われています。

複雑な構造をしているエレスチャル水晶の中をじっと見つめているだけでも、何かを感じることが出来るかと思います。



水晶の種類(形・インクルージョン)


イタンゴ
イタンゴなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

白衣 女性
白衣の女性のユニフォームなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!