パワーストーンの効果・情報館 TOP → パワーストーンの神秘 硬度の意味

硬度の意味

パワーストーン・天然石の硬度とは、「傷つきにくさ」を基準としたモース硬度で示されています。モース硬度が大きいほど硬く、ダイヤモンドは最もモース硬度が高い10と表されています。

モース硬度は石のエネルギーの強さとされており、大きなエネルギーが必要な場合は硬さの高いものを身につけると良いとされていますが、自分が弱っているときなどはパワーが強すぎて返って疲れを招くこともあるので、そんな時は柔らかめの石を持つと優しく、繊細な癒し作用を受けることができるでしょう。

また硬い石ほど傷つきにくいのですが、衝撃によって壊れやすい(もろい)という性質があり、これを靭性といいます。逆に少し硬さを下げていくと靭性が上がりますので、粘り強く物事に取り組みたいときなどは硬さの大きさだけでなく、靭性にも着目して石を選んでみるのもいいでしょう。

各モース硬度を示す代表的なパワーストーン

硬度 パワーストーン
【10】 ダイヤモンド
【9】 ルビー/サファイア
【8】 トパーズ
【7】 クォーツ
【6】 長石
【5】 アパタイト
【4】 フローライト
【3】 カルサイト
【2】 石膏
【1】 滑石

ダイヤモンドは硬度が一番高くなっています。天然石には他にも、ダイヤモンドと同じように硬度に特徴を持ったものがたくさんあります。

パワーストーンを1〜10の硬度に分割した中で最も硬いレベルが7〜10、一番柔らかいものを1〜3、その間が4〜6としています。パワーストーンを選ぶ際はパワーストーンの質と硬度にも気を付けるようにしましょう。



パワーストーンの神秘


特許の翻訳について
http://transprime.co.jp/

http://www.parallelhouse.co.jp
リサイクルショップ

シェードカーテン
モンルーベジャパン